日本語 / English

トップニュース研究内容インフォメーション報道資料構成員志望者の方へアクセスリンク

研究内容


research
中本高道研究室では、嗅覚機構をまねた匂いセンシングシステムについて研究を行っています。
匂いセンシングシステムとは、センサを用い匂いの判別や認識を行うシステムです。
生物の鼻には多数の嗅覚細胞があり、匂い物質が細胞に付着すると、ひとつひとつの嗅覚細胞が匂い物質により異なる信号を出します。
この信号パターンを脳の中で認識し、どのような匂いかを識別すると考えられています。
中本研究室では、このような生物の嗅覚機構を真似て、匂いセンサ(嗅覚細胞)により得た信号をニューラルネットワーク(脳)を用いてパターン認識し、匂いの判別・識別を行うセンシングシステムを開発しています。